花粉のはなし Part 8


秋本番となりました。

これからは一雨ごとに寒くなる・・・という季節です。
ご覧頂く皆様も風邪などお召しにならぬようご注意下さい。

秋・・・ということで秋の七草を、と思ったのですが私の周りには
見当たりませんでした。
皆さまにおなじみの花とちょっと珍しい花を採り上げて見ました。

花粉のはなしも番外編を含めて9回目になりました。
もう少し続けてみよう・・・と思っておりますのでよろしくお願いします。

 秋の花の代表格はコスモスではないかと思います。
紫、白、オレンジ・・・と色々な花が可憐な装いで楽しませてくれます。
500倍 1,000倍
マーガレットやヒマワリと
よく似ているという感じです。

調べてみるとやはりキク科の
植物でした。

キクの仲間は種類も多く
一年を通して楽しませてくれる
本当に身近な花ですね。
花粉を観察するようになって
たくさんの花の名前を覚えました。
皆さんはいかがですか?
1,500倍

2番手はヒガンバナです。
もう花の時期が過ぎてしましたが田んぼの
畦道を真っ赤な花が飾ってくれます。
別名曼珠沙華とも呼ばれます。

華やかな割りに嫌われることの
多いい花ですが根に毒を持っている
せいかもしれません。

結構大き目の花粉でした。
花はよく眼にするのですが葉を見ることが
少ない花です。
葉は花が終わった晩秋に伸びかけ、
冬を越して夏前には枯れてしまうそうです。
100倍
500倍 1、000倍