花粉のはなし Part 15

その 1

桜の見ごろが話題になり、春本番!という感じですが皆さまお元気でしょうか?

前回の更新から1週間ほどですが、
花の咲くスピードに負けないようにと続けて更新いたしました。

今までのページもすべてご覧いただけますので時間がありましたら是非どうぞ・・・・。

このページを作っている時、丁度旧草津川堤防の桜が満開を迎えようとしていました。
「月にむら雲、花に風・・・」とかいいます。
見に行こう・・・と思っているうちに機会を逃すことがしばしばありましたので
今年は何とか満開の桜を見ることができたら・・・と思っています。

桜つながりで今回のトップに桜の名前のつくものを二つご覧いただきます。

一つ目はサクラソウです。
鉢植えやプランターで可愛い花をいっぱい楽しませてくれます。
200倍 500倍
2,000倍 5,000倍
花も小ぶりですが花粉も小さなもので、
1/100mm位の本当に小さな花粉でした

桜つながりの二つ目、シバザクラ(芝桜)です。
200倍 500倍
1,000倍 2,000倍
サクラソウと同じくらいの大きさなのですが、花粉の大きさも
形も全く違います。面白いですね〜
つぎは本当に華やかな大きな花、カサブランカです。
名前からすると洋花と思われがちですが、
日本原産のユリを改良して
作られたものです。

本来は初夏から夏にかけての花ですが
現在では一年中入手することができます。
カサブランカはスペイン語で
「白い家」という意味だそうで
アメリカのホワイトハウスもスペイン語では
カサブランカというそうです。

花言葉は威厳、純潔、無垢・・・
100倍 200倍
500倍 800倍
花も大振りですが、花粉も大振りでした。
サクラソウの10倍くらいの大きさかな、と思います。