花粉のはなし Part 20

その 1

「花粉のはなし」の掲載を始めてから1年余り、20回目を迎えました。
花粉の種類も150種ほどになりました。
花粉症の原因といわれる花粉の姿をご覧頂きたい・・・というのが始まりでしたが、
季節ごとの花粉を取り上げるようになり、多くの方々にご覧頂いている・・・というのが
長く続けられた最大の理由であると思います。

私が電子顕微鏡に携わる仕事を続けている間は
なんとか掲載を続けたいと思っておりますのでこれからも皆さま方のお時間のある時に
ご覧下さい。これからもよろしくお願いします。


今回の話に入る前に前回の花のその後の様子をご覧下さい。
それから1点花の名前の訂正をお願いします。

前回掲載したシラーですが、
その時はこのような形でした。

とんがり帽子のようなものが
蕾の集まりだと思わなかったのですが、
蕾が生長すると
まったく印象が変わってしまいました。
私ははじめてみる花でしたが、
よくご存知の方もあると思います。

私は初見ということもあり
上の写真の方がインパクトが
あったのですが
皆さまはいかがですか?

子どもはちょっと見ぬ間に
ビックリするほど成長しますが、
シラーもそうかもしれませんねぇ〜
前回「ニワゼキショウ ?」と
紹介した花ですが、
よく調べてみるとトリトニアという
花であることが判りました。

姫あやめという別名もあるようです。
南アフリカ原産で
トリトニアという名前は
ギリシャ神話の海の女神トリトンに
由来する、ということでした。

ご挨拶とお知らせが長くなりましたが、ページを変えて
本編を始めます。

20回目ということでいつもより少し数を多くしました。
ごゆっくりとどうぞ・・・・・。