花粉のはなし Part 31

その 1

すっかり暖かくなって野原にも沢山の花が咲いています。
ゴールデンウイークのど真ん中ですが、花粉のはなし 31をお届けします。
今回は少し多めです。ごゆっくりとご覧ください。

私の勤め先の一角にあるマーガレットの
絨毯です。
まだしばらくは白とグリーンの鮮やかな
風景を楽しませてくれそうです。

下の写真はびわこ通りの街路樹の根元に
植えられたガザニアです。
上笠中央から下笠に向けての通りは
これからが見ごろになりますので、
お時間がありましたら散歩でもいかがですか?

花粉はkafun5とkafun20を
ご覧ください。


前置きが長くなりましたが本編に入ります。
最初はオオデマリからです。
通勤時に見かけて、その存在感に圧倒されました。
このお宅にはモッコウバラも植えられていて、両方とも素晴らしいものでした。

200倍 450倍
1,200倍 2,500倍
小さな花が集まってソフトボールくらいの玉になり、枝に連なっている様は
本当に華麗で見事でした。
これだけの花を咲かせるためには普段から十分にお手入れされているものと思います。
美しいものを見せていただいてありがとうございました。


つぎの花ですが手毬つながりで コデマリ です。
小さな花が集まって球形になり枝に連なっているところは同じですが、
球の大きさはゴルフボールくらい、可愛い感じです。

これはコデマリでも八重の品種です。
花粉を探して見たのですが、見つかりませんでした。
ヤマブキと同じで八重のものには花粉が出来ないのかもしれません。
そこで一重のコデマリを探して見ました。
下が一重のコデマリです。
500倍 1,200倍
3,000倍 5,000倍
一重のものからは花粉が見つかりました。
オオデマリと比べると大きさも半分くらいで表面の模様も違います。
オオデマリはスイカズラ科、コデマリはバラ科ということでした。
花は似ているのにまったく違う科、というのも面白いですねぇ〜