花粉のはなし Part 34

その 1

皆さま、こんにちは。いや〜暑いですねェ〜
今年の梅雨は男性的…というか、土砂降りで被害が出たり、
カンカン照りが続いたり、年々異常度合いが大きくなるような……
体調を崩し易い時期ですのでどうぞ十分ご注意を…。

というところで、花粉のはなし 34回をお送りします。
今回のトップは名前は良くご存知だと思います。
ネムノキ です。
花の形も花粉の形もユニークなものでした。

100倍 200倍
細い花びらのように見えるのはおしべで、先端に花粉がついています。
金型で焼きあがったクッキーかパンのように見えるのですが、
皆さま如何でしょうか?
200倍 500倍
1,000倍 1,000倍
花の形で思い出したのは前回のブラシノキでした。
でもちょっと違う種類のようです。
名前の由来は夕方になると葉を閉じて眠るみたいだから…ということです。


次の花は今丁度街角で見かけることのできる花です。
ノウゼンカズラ 漢字で書くと凌霄花、ちょっと読むことができません。

180倍 500倍
800倍 2,000倍
中国原産、とても寿命の長い樹で、金沢には豊臣秀吉が朝鮮から持ち帰った、
といわれる樹があるそうです。

次、地味な花ですが街路樹などでご覧になることは多いかと思います。
マテバシイ 漢字では全手葉椎あるいは馬刀葉椎と書きます。
薩摩椎という別名もあるそうです。

200倍 600倍
2,000倍 3,500倍
花粉の大きさとしては小さい方に入るかと思います。
実はどんぐりとして食用にも出来るということでした。