花粉のはなし Part 39

その 1

春は 名のみ〜の〜♪♪…
本当に今年の春は暖かかったり、寒かったりで不順でした。
4月初旬、季節はずれの雪の降った日、JR嵯峨嵐山駅からの風景です。
山の中腹には桜の花のピンクが、手前にはトロッコ列車が見えます。
駅舎の屋根には薄っすらと雪が…

それでも確実に春になってきているようで、見かける花がどんどん増えてきました。
でも、花も咲くのをためらうほど不順な気候が続いています。
皆さま、どうぞ健康に十分ご注意ください。
ということで、花粉のはなし 39 をお届けします。


今回のトップバッターは アーモンド です。
ビールやお酒のおつまみではおなじみですが、
花を見かける機会は少ないのではないかと思います。

200倍 500倍
700倍 1,500倍
撮影した木はまだ苗木でしたが、沢山の花をつけていました。
ピンクの綺麗な花で、バラ科ということです。
バラ科には桜、梅、ハナカイドウなどお馴染みの花が多いですね。
花粉の形も良く似ていますが、表面の模様など少しづつ違うようです。

タンポポ…というと黄色い花を思い浮かべますが、
最近は白いタンポポも増えてきたようです。
花も似ているし、同じタンポポなので花粉も同じだろう…と思って
あえて観察しなかったのですが念のために調べてみました。すると…

200倍 500倍
1,200倍 1,500倍
大きさに少しバラつきがあったのですが、黄色いタンポポとはかなり様子が違います。
タンポポは花粉のはなしの第1回で紹介していますが、
サッカーボールのような印象でした。
似ているといえば似ているようで、違うといえば違うし…
皆さんはどのように感じられますか?