笠縫学区の中でも下笠は農村風景を色濃く残す自然豊かな地域です。古川元市長が石碑に刻んだ「農は国の礎」その言葉通り、親から子へと引き継がれる農業を守り、国民の食を支え続ける崇高な姿があります。次代を担う子供達も学校教育の中で農作業を体験し、農業の大切さを学んでいます。