タイトル

波乱の22年大晦日は年末寒波に襲われ、まれに見る大雪で一年を締めくくりました

 

瓦のくぼみが平らに見える積雪、しんしんと降り続いています

屋根の雪

駐車場も一面の銀世界、草津ではしばらく見ない風景です

駐車場車

雪をかぶった山茶花、白と赤のコントラストが師走の忙しさを忘れさせます

山茶花の雪山茶花の雪

門柱にできた綿帽子、10センチは超えているでしょうか

門柱の雪

柘植の木に半円の見事なオブジェ・・・道路の轍も降りしきる雪が消していきます

木道

22年は尖閣諸島、北方領土と私たちに多くの問題を投げかけ、降りしきる雪の中で幕を閉じようとしています。来る年が平和で明るい光に満ちたものであることを祈りながら・・・・