年末・年始 寸景

平成22年の暮れは近年例を見ないような大雪で幕を閉じました。
平成23年の元旦は打って変わったような晴天でした。

昨年の日本は政治もさることながら尖閣列島などの外交問題、
アジアでは北朝鮮の延坪島砲撃事件などの大問題が起こりました。
ホームページ「笠縫」では国際的な大問題よりも学区の皆様の身近なニュースを
細かく取り上げてご覧頂きたいと思っています。

ホームページ開設から今年の3月末で4年になります。
地域自治組織の改革も話題に上っておりますが、ホームページ「笠縫」では
どこからでも、いつでも、いつのものでも
学区の情報を見ることができるように情報の充実を図ってまいります。

これからも ホームページ「笠縫」をよろしくお願いします。

年末・年始の東上笠から上笠天満宮あたりの風景です。
本当にすごぉ〜い雪でしたねぇ〜

大晦日、午前中から降り始めた雪は日中衰えることなく降り続け、
あたりは全くの雪景色になりました。東上笠から上笠中央を眺めた写真です。
止めてある車もご覧の状態になりました。
夜になって気温も下がり、除夜の鐘の音が聞こえるようになりましたが、
初詣は明るくなるまで自重することに致しました。
昼を過ぎても田畑には雪が残り、晴天の日の光にまぶしく輝いていました。
上笠天満宮の見慣れた社殿に雪が積もると
いつもと違う荘厳な雰囲気を感じます。
今年も平穏な一年であることを祈念して帰路につきました。