上笠天満宮  

 
例大祭 ・神輿渡御  
  平成28年5月3日
平成28年5月3日(火)、上笠天満宮の例大祭が催行されました。
大神輿と子ども神輿が上笠の各町内を練り歩き一日中子どもたちの声が響いていました。
当日のスナップをお届けしますのでごゆっくりとご覧ください。 
   
午前中に参拝しましたが昼前の天満宮は祭りの装いを整え、
神輿も大神輿は拝殿に、子ども神輿は倉で出番を待っていました。 
   
午後になると神輿の周りの人の数がどんどん増えてきます。
この日は雨が心配されたのですが何とか持ちこたえてくれそうです。
ただ、かなりの強さの風が吹いていました。
でも、神輿の周りに集まった子どもたちは皆元気いっぱいでした。 
   
   
定刻が近づき大神輿の前でお払いが行われます。 
   
   
子ども神輿でもお払いが行われ出発の時間が刻々と近づきます。 
   
さて、いよいよ神輿の出発です。
町内ごとに4基の神輿が順序良く出発、お旅所を目指します。 
   
   
   
   
   
鳥居をくぐり道路へ進みます。
子ども神輿はあまり苦労せずに鳥居をくぐれますが、この後の大神輿は大変です。 
   
さて、これから大神輿の出発です。
幡を先頭に、舞姫が続き、大神輿が動き出します。 
   
   
 
   
大神輿はこれから子ども神輿の後を追ってお旅所へ向かいます。
カメラマンは先回りしてお旅所の前で神輿の到着を待ちました。
やがて子ども神輿が出発した時の順番で到着してきます。 
   
   
次の出発までしばらく時間休憩をとります。 
   
 
お旅所での休憩の後、今度はJAの広場に向けて出発します。
ここで第3町内の神輿は自分の町内へ向かって進みます。 
   
   
   
   
お旅所で自分たちの町内へ向かった1基を除いてすべての神輿がJAで休憩します。
このあと子ども神輿はそれぞれの町内に用意された休憩所に向かいます。 
 
   
   
町内の休憩所には飲み物やお菓子類がたくさん用意されています。 
   
   
   
最終目的地は天満宮ですが、町内を回りながら進みます。
もうひと頑張り!わっしょい!わっしょい! 
   
   
 みんなで一緒に神輿を担いだ夏祭りは子どもたちのよい思い出になることでしょう。
天満宮役員の皆さん、町内会、子ども会の役員の皆さん、お疲れさまでした。
心配された雨も降らずまあまあの天気のうちに無事神輿渡御を終えられました。

このような夏祭りが五穀豊穣、家内安全を願うだけでなく地域の絆づくりに
大きな役割を果たしてくれることを願っています。