<%@LANGUAGE="JAVASCRIPT" CODEPAGE="932"%> 上笠第4町内会2009地蔵盆

 

京都で始まった地蔵盆

京都には古くから地蔵信仰が民衆の間で定着していて、子どもを守っていただくお地蔵様として慕われてきました。そのようなことから地蔵菩薩の命日に当たる24日を地蔵まつりとしたのが始まりとされているようです。その後新暦の8月24日を中心にして行われるようになり、最近ではその近くの土、日に合わせて行われるところが多くなっています。

関東方面ではあまり地蔵盆の習慣を見ることが出来ず、春のお彼岸に恵方を向いて巻き寿司を丸かぶりするように関西方面を中心に残されてきたようです

この日の主役は無論子ども達、お寺のご住職のお話が終わるのを待ちかね、お菓子をもらったり、シュースをのんだり、ゲームをしたり会場には一日子ども達の笑い声の絶えることはありませんでした。

町内会、みのり会(老人会)、子供会など地域の多くの人たちに支えられて第4町内会の21年度地蔵盆は子ども達の歓声とともに無事終えることが出来ました。途中少し空模様が怪しくなり少し心配もしたのですが、終わる頃にはお日様の光が一杯に降り注ぐ好天になっていました。

お父さんも慣れた手つき(?)でフランクフルトを焼いています。(奥様の陰の声・・「お家でもお料理手伝ってね!!」)

それにしてもすごい行列今年の地蔵盆も大賑わいです

お手伝いいただいた皆様お疲れ様でした。でも子ども達との一日楽しかったですね