笠縫幼稚園 もちつき大会
平成24年12月12日、笠縫幼稚園でもちつき大会が行われました。
もちつき…と聞くと「もうすぐ 正月かぁ~」という気持ちになりますが、
それとは全く関係なく園児たちはもちつきとでき上がったお餅を楽しんでいました。
 
最初のグループは「いちご組」のみんな、元気いっぱいのあいさつから始まります。

蒸しあがったお米が臼に移され、「捏ね」が始まります。
横には健康推進員のおばさんたちの餅をちぎって丸める態勢も準備万端整っています。
餅が完成間近になると子どもたちの出番です。
まず、先生がお手本を見せてくれます。それからみんなが5回づつ杵を振り下ろします。
ここからしばらくは子どもたちの奮闘ぶりをご覧ください。
子ども用の杵でも持ち上げて振り下ろすのは大仕事!みんな頑張っています。
大変よくできました!!パチ、パチ、パチ…
 各組の子どもたちが5回づつ搗き終るとおじいさんが仕上げをしてくれます。
そして、健康推進員のおばちゃんがちぎって丸めて黄な粉もちと醤油もちにしてくれます。
みんなは手を洗って箸とお茶を持って自分の席でお餅が届くのを待っています。
お餅と海苔がみんなのところに運ばれて「いただきます!!」
 
「黄な粉、おいしそう…」「海苔を巻いて 食べよう…」「醤油は どうかなぁ~」
あわてて喉につめないように ゆっくりとたべてね!
♫ もういくつ寝ると~ お正月ぅ~ お正月には…
その前にクリスマスがありますねぇ~ 
サンタさんには 何をお願いするのかなぁ~

おもちつきが終わって、お正月に大きく近づきました。
お手伝いいただいた皆さん、本当にお疲れさまでした、ありがとうございました。
どうぞお疲れの出ませんように…