笠縫小学校 5年生
 田植え体験学習
 
6月4日(火)笠縫小学校5年生の田植え体験が行われました。
梅雨入りした…とは思えないほどの好天に恵まれ、予定通り進行しました。
定刻に学校を出発、ほぼ田植えの終わった田んぼの中の道を歩いて現場に到着、
地元の皆さんが用意して下さった場所で苗の植え方を教えていただき、
紐で区画された中へ一人づつ入って苗を植えます。

めったに感じることのない素足での泥の感触、カエルやヒル、亀まで出会いました。
ワイワイ、ガヤガヤ、マイペースで作業が続きます。
田植えにも個性がみられるようでスピードや苗の間隔みなそれぞれでした。
当日のスナップを掲載いたしますのでごゆっくりとご覧ください。
   
田植えをする田は紐で一人一区画に区分けされ、すっかり準備完了、
みんなが到着するのを待っています。 
 
先生を先頭に田植えの終わった田んぼの中の道をを歩いてきます
  
 
   
   
   
田植えの仕方をきちんと聞いて、植え方の手本を見せていただいた後で
さぁ、田植え開始…あぜ道をあるいて各区画に一人づつ順番に入ってゆきます。
 
あぜ道の途中に鳥の卵が産みつけられているところがあり、つぶさないように注意して進みます。
   
   
勢いよく田の中へ入る子、なかなか一歩が踏みさせない子…様々な表情を見せてくれます。

さて、それぞれが苗を持って田植えにかかります。
几帳面な子、かなりアバウトかなぁ…という子、でもみんな頑張って植えています。 
   
   
   
   
   
   
   
   
   
子どもたちの集団がだんだんゴールに近づき、苗の植えられた水面が増えてきます。 
   
植え終った子どもたちが一列になって帰ってきます。
 
お世話になった方々にみんなでお礼を言って今日の体験学習は終了です。
   
みんなが引き上げていった後の田んぼです。
みんなの努力の跡が見られます。
がんばって植えた苗が元気で育ってくれますように…
秋にはたくさんの穂をつけてくれますように… 
 
お世話になった皆さま、本当にありがとうございました。
苗が育って、秋に収穫することができるようになるには、まだまだ手間がかかると思います。
子どもたちにはまだまだ手間がかかるものだということをわかってほしいと思います。
これからもどうぞよろしくお願いいたします。