笠縫小学校2年生 
じゃがいもの植え付け体験  
 食育農園(下笠)
平成27年3月11日 
平成27年3月11日、笠縫小学校の2年生が下笠町の食育農園でジャガイモの植え付け体験をしました。
天候が心配されたのですが、雨はまったく無し、ただし寒さは厳しかったです。
2年生は11時頃に食育農園に到着、二人一組でジャガイモの植え付けを体験しました。
植えたのは「だんしゃく」と「きたあかり」6月ごろには収穫できるでしょう…。
当日の様子をご覧下さい。
   
ジャガイモを植える畝はすでにきちんと準備されていました。
上の左側の写真、左に玉ねぎが植えられており、真ん中に少し緑に見えるのが菜の花、
その右側2畝がジャガイモ用です。
植えつける場所には穴が掘ってあり、もみがらが置かれています。
植える場所には品種名が表示されていました。
   
2年生のみんなが先生に引率されて井ノ元道からやってきます。 
 
   
   
子どもたちは組ごとに整列して高田さんから品種や植え方などを教えていただきます。
この日はケーブルテレビからの取材も入っていました。
説明の後、二人一組になって一人が種芋を、もう一人が籾殻をもって畝の中へ入ってゆきます。 
   
 
みんなが位置について、笛の合図で一斉に植え付けを始めます。
テレビカメラの近くにいた子らはカメラマンに「写してや!」「いつ、放送すんの?」と話しかけていました。 
   
   
   
   
   
   
 
   
   
   
ワイワイいいながらも作業は順調に進み予定時間に無事終了、一斉に引き上げてきます。 
手袋とビニール袋を片付けてからもう一度整列して、お世話してくださった皆さんにお礼をいいます。
「ありがとうございました」
   
 真冬並みの寒さの中でしたが、子どもたちにとって貴重な体験になったと思います。
6月ごろには収穫できる予定ですが、それまでも時々見に来てください。
「きたあかり」と「だんしゃく」では花の色や形が少し違います。みんな、区別できるかなぁ~?  

準備から当日のお手伝いまで、お世話になった皆さん、ありがとうございました。
収穫までまだまだお世話になると思いますが、よろしくお願いいたします。