笠縫小学校1年生  
サツマイモの植え付け体験 
 平成27年5月18日
平成27年5月18日(月)、笠縫小学校1年生が下笠町「食育農園」で
サツマイモの苗を植える体験学習をしました。

学校から通称井の元道を通って11時頃に下笠町に着きました。
畑は準備万端整っていて、子どもたちはそれぞれ苗を3本づつ受け取って植えつけました。
当日の様子をスナップでお届けしますのでごゆっくりとご覧下さい。 
   
   
高田さんから植え方の説明を聞いて、ビニールの手袋をし、
3本づつの苗を受け取って1列になって畑の中に入ってゆきます。 
   
   
子どもたちの背中側に緑色の葉が見えます。
これは現3年生が2年生だった昨年の3月11日に植えつけたじゃがいもが成長したものです。
(笠縫小学校2年生 じゃがいもの植え付け体験)参照

1年生は4クラスありますが、2クラスごとに1列になってサツマイモを植えつけます。
サツマイモの品種は「鳴門金時」と「紅あずま」です。
   
   
   
全員が席に着くまでしゃがんで待っています。
みんなの植え付ける位置が決まると笛の合図で一斉に苗を植えてゆきます。 
   
笛の合図があって一斉に植え始めました。
植える位置には細長く溝が掘ってあり、そこに苗を入れて軽く土をかぶせます。 
   
   
   
   
   
ちゃんと植えつけられたかどうか…ちょっと不安ですが一応終了です。
1列になって引き上げてきます。 
 
みんなで植えたサツマイモ、秋にはちゃんと収穫できるかなぁ~
収穫できたら「焼き芋パーティー」やりたいなぁ~
それを楽しみに記念写真、一度に撮影できないので2クラスづつです。 
 
 
子どもたちが植えたサツマイモの苗ですが、かなりあぶなっかしいのがあるようです。
子どもたちが帰った後でチェックと手直しをしていただきました。 
じゃがいもの畑のほうでは不要な花の摘み取りも行われていました。
   
お世話になった皆さん、ありがとうございました。
これから梅雨を迎え雑草の処理が大変ですが、農業用マルチシートをセットしてくださると聞きました。
他にもいろいろとお世話になると思いますがどうぞよろしくお願いします。