笠小・たんぽぽ学級  
学区社協、民児協との交流会 
 平成27年5月18日
5月18日(月)、恒例になっている笠縫小学校・たんぽぽ学級と
学区社会福祉協議会、学区民生委員児童委員協議会の交流会を開きました。

今回の企画は「そめものをしよう」です。
白布を用意してビー玉、おはじき、ペットボトルの蓋などをくるみ、輪ゴムで縛ります。
用意した5色の染色液に浸して15分ほど置き、輪ゴムを外して水洗い、乾燥します。
どんな染め上がりになるのか、楽しみです。 
 教室ではスタッフの皆さんがお湯を沸かして温度調節、
染色剤を溶かして5色の染色液を作ります。 
   
完成品が誰の作品か分かるように1枚1枚名前を書き込みます。 
   
時間になって次々子どもたちが教室に入ってきます。 
   
今日の予定が書かれた黒板の前でご挨拶、さあ交流会の始まりです。
自分の席に座ってそめものの作り方の説明を聞きます。 
   
まず、白布でビー玉やペットボトルの蓋をくるむ作業です。
この行程が出来上がりに大きく影響します。
細かい作業ですが、みんな一生懸命取り組んでいました。 
   
   
   
   
くるみ終えると次は染色作業です。
みんなビニール手袋をして好みの色の染色液のところへ向かいます。
染色液に布を漬けてモミモミします。 
   
   
   
   
ここで染色に少し時間がかかります。
その間を利用して委員さんのお話の時間になります。 
   
   
子どもたちは授業時間の都合でここまでの参加です。
おじさん、おばさんに「ありがとうございました」 「お願いします」と挨拶をして教室へ戻ります。
後は作品を軽く水洗いしてくるんだ輪ゴムを外し、もう一度水洗いをして乾燥です。
輪ゴムを外しかけると模様が鮮やかに浮かび上がってきます。
   
水洗が終わって竿に掛けられると鮮やかな色と模様が一層くっきりとしてきます。
全部素晴らしい出来上がりでした。
後で子どもたちが手にとって喜ぶ姿が眼に浮かぶような気がします。 
   
   
今回の交流会の予定はこれで終了です。
たんぽぽの仲間も今年は22名に増えました。みんな元気ながんばり屋さんです。 
これから段々暑くなりますが身体に気をつけて仲良くがんばって下さい。

小学校の先生方、ご協力ありがとうございました。
学区社会福祉協議会、民生委員児童委員協議会の皆さん、お疲れさまでした。