笠縫小学校5年生
 田植え体験 - 2015
 2015年5月25日
平成27年5月25日(月)、毎年恒例の笠縫小学校5年生の田植え体験が行われました。
田植え日和というよりもまぶしさ、暑さを感じるような晴天に恵まれました。
田んぼと苗はすでに準備されており、田んぼの半分は機械で田植えされていました。

残りの半分は、一人で受け持つ区画ごとに白い紐で区分され、
ところどころに苗が置かれてありました。

さて、みんなで植えた結果は機械の田植えとどんなに違うのでしょうか?
5年生のみんなが泥んこになりながら田植えに挑戦する姿をゆっくりとご覧下さい。 
   
5年生が田んぼに到着、挨拶をした後田植えの方法を教わります。 
   
   
お話を聞いた後、あぜ道を通って田植えをする場所へ歩いてゆきます。 
   
 
 白い紐で区画された部分に一人づつ並びます。
一斉に田んぼに入りますが、素足で泥の中に入るのはめったに無い経験なので大騒ぎです。
   
   
田んぼに入ると苗を持って「回れ右」後ろ向きに植えていきます。 
   
 
 テンポ良くリズミカルに植える子やマイペースで作業する子など
みんな個性を発揮しながらの田植え体験です。
   
   
   
   
後姿ばかりの撮影なので、カメラが移動して今度は反対側(頭側)から撮影してみます。 
   
   
 
   
ペースに差はありますが、作業は確実に進んでいきます。
早い子はもうほとんど植え終わり、マイペースな子は中間あたりです。 
   
   
   
強い日差しの中、田植えもほぼ終わりに近づいてきました。 
 
 田植えが終わると田んぼから上がり、簡単に足を洗ってから集合、
お礼の挨拶をしてから学校へ帰ります。

最後の写真は植え終わった田んぼの様子です。
手前の部分は田植え機によるものですのでお間違い無く…。
   
これで今年の「田植え体験」も無事終了(ほんとはここからのお世話が大変ですが…)
準備からご指導まで、お世話になった皆さん、本当にありがとうございました。

当ホームページでは稲の成長の様子を時々お伝えしたいと思っています。
お時間のある時にまた覗いて見てください。

秋の収穫が楽しみですが、それまでいっぱいお世話をお願いすることになります。
どうぞよろしくお願いいたします。