笠縫小学校3年生  
じゃがいもを収穫しました  
 平成27年6月24日
平成27年6月24日(水)、笠縫小学校3年生が下笠・食育農園でジャガイモの収穫体験をしました。
このジャガイモは、この日収穫体験をした3年生がまだ2年生だった3月11日に
植え付け体験をしたものです。(参照:ジャガイモの植え付け体験) 
植えつけた日から3ヶ月あまり、どんなジャガイモが出来たのか…楽しみです。

朝、9時に学校を出た3年生が井ノ元道を通って畑にやってきます。
 
 整列して挨拶、収穫の仕方を聞いて手袋を貰います。
そして組ごとに順番に畑へ向かいます。
前日の雨で畑の中は少しぬかるんだ所がありますが、足場板が用意されていました。
   
   
最初に収穫を始める位置につくと一斉に芋ほりを始めます。
おおきいものや小さいものがありますが、一旦集めておいてカゴにいれ、堤防へ運びます。
結構大きいものがたくさんありました。 
   
   
   
採れたジャガイモは集めてカゴに入れ、何人かで堤防まで運びます。
シートの上に広げて少し乾燥させます。 
   
空になったカゴは畑へ戻ってまたジャガイモを入れます。
この繰り返しで堤防のシートの上にはどんどんジャガイモが集められます。 
   
   
   
   
シートは数ヶ所用意されていましたが、不足気味で追加されました。 
   
この日はケーブルテレビから取材に来ていました。
子どもたちはカメラを向けられたりマイクを持たされたりすると大騒ぎでした。 
   
その後も順調に収穫作業が続き、あっという間に終業時刻になりました。
ビニール袋を貰ってお土産用に収穫したジャガイモを詰めます。
「大きいのが3個、小さいのが3個…」という予定で袋詰めが始まったのですが、
「もっと持って帰ったらいいよ…」という声も掛けられ目いっぱい詰めた子もいました。 
   
   
   みんなジャガイモの入った袋を持ってお礼の挨拶です。
それから朝来た道を引き返して学校に戻ります。

今日もたくさんの方々にお手伝いしていただきました。
植え付けから収穫までも大変お世話をおかけしたと思います。
お世話になった皆さん、本当にありがとうございました。
子どもたちにとっていい思い出になったものと思います。

今日の晩ご飯はジャガイモが出るかな…カレーかな?肉じゃがかな?
自分たちで植えて自分たちで収穫したジャガイモ、残さないように全部食べてね!