笠縫小学校  
  平成27年度 卒業証書授与式
 平成28年3月18日
平成28年3月18日(金)、笠縫小学校で平成27年度の卒業証書授与式が行われました。
在校生や先生方に送られて101名の卒業生が巣立ってゆきます。
お父さん、おかあさん、本当におめでとうございます。
卒業生が中学校へ進んでも、元気で明るく、勉強に、スポーツに、余暇活動に
いかんなく笠縫小学校で身につけた力を発揮してくれることを願っています。
当日のスナップをお届けしますのでごゆっくりとご覧ください。 

学校の玄関には卒業証書授与式の看板が立ち、体育館入り口には
卒業生がそれぞれの思いを込めた色紙が飾り付けられています。
その入り口を通って卒業生が入場、式が始まります。
   
在校生が迎える中、少し緊張しながら一人づつ入場し席につきます。 
   
卒業生がすべて入場し着席、平成27年度の卒業式が始まります。 
 
   
一人づつ名前を呼ばれ、壇上で校長先生から卒業証書を頂きます。 
   
卒業証書を頂くと次に校長先生の式辞になります。
校長先生から卒業生に送られるはなむけの言葉、しっかり聞いておいてください。 
   
卒業生の「別れの言葉」です。
笠縫小学校での思い出をみんなで少しづつ繋いで思い出の言葉集になります。 
 
「別れの言葉」は卒業生、在校生、教職員の歌で構成されます。
卒業生は「出会えた君へ」、在校生は「きみに会えて」教職員は「翼を抱いて」、
卒業生の「旅立ちの日に」と続きます。 
そして全員で「きみとぼくのラララ」を合唱します。
 
 
すべての予定が終了、卒業生の退場になります。
在校生や保護者の皆さんの拍手に送られて、在校生の間を通りながら出口へ、
新しい生活の扉へと向かって歩いてゆきます。 
   
 
卒業生の皆さん、今日であなたたちは笠縫小学校を卒業しました。
4月からは中学校での生活がスタートします。
元気で、明るく、活発で、楽しい生活を創っていってください。
これまでと違う環境ですが、いっぱい友だちを作ってください。
でも環境の変化や通学路の変化などこれまでの生活大きく変わるところも多いのです。
健康と事故に注意して中学生活をエンジョイしてください。

お父さん、お母さん、本当におめでとうございました。
でも、本当に独り立ちするにはまだ少し時間が必要かもしれません。
これまで同様いつも見守ってあげてください。

6年間導いてくださった多くの先生方、本当にありがとうございました。
また何かを尋ねて来たら優しく教えてあげてくださいね、これからもよろしくお願いします。