北山田町通称浜街道に面し、旧舎に隣接して鉄筋造り2階建て、延べ床面積4052平米で最新の設備が施されています。作業場は天井が高くなり、特に衛生面には注意が払われ、外部からの虫やほこりが持ち込まれないよう何重にもガードされ、調理作業者も作業着に着がえ手を洗って消毒するのはもちろん、エアーシャワーを10秒間浴びて作業場に入るようになっています。

特筆すべきは、完全自所炊飯(草津米使用)をして温かいご飯を提供すると共に、以前は調理能力の限界で加工食品を多く使用していましたが、新センターでは「手作り給食」を目指しています。特に、地産地消をモットーにして草津市、滋賀県内からの食材購入を多くしています。(取材、文章は「リーフ笠縫」によるものを一部編集して掲載しました。)
 


歴史年表へ