平成24年5月21日

金環日食の観察

平成24年5月21日、この日は日本の各地で金環日食を観察できるという日である。
しかし、天気予報では晴れ時々曇りか曇り時々晴れで快晴ということではなかった。
朝、雲の様子が気になり、5時半に起きてみた。雲は少なく、大いに期待できそうである。
6時には完全に雲がなくなり、全天に青空が広がっていた。

拙宅では早朝は隣家の屋根で十分な観察ができない。そこでお向かいの庭先をお借りすることにした。
手持ちの望遠鏡の中で太陽投影板を取り付けられるのは口径60oの屈折式1台である。
これに20oの接眼レンズを組み合わせて観察すrことにした。下図はその望遠鏡である。
投影版にはすでに欠けかかった太陽が投影されている。
近所の方々も出てこられ、一緒に天体ショーを楽しむことにした。
以下、金環食まで間隔を置いて撮影した写真とスナップである。
もうすぐ金環食というところで薄雲がかかってきた。
雲が通り過ぎるのを待つばかりである。早く…早く…早く………
雲が通り過ぎて明るさが戻った。もうすぐつながる…完全な輪になる…寸前の状態です。
ついに、つながった…丸いリングになりました。(下の写真)
太さの均一なリングではありませんが、綺麗なリングになりました。
私たちが生きている間では最後の金環日食ということになるのでしょう…
短時間でまた元に戻りかけます。
できるだけ同じ角度から撮影したかったのですが、みんなで見ながら…ということで
少しづつ角度がずれています。

観察中はほとんど雲がなく、クリヤに見ることができたのは本当にうれしいことでした。