上笠町第二町内会
平成30年度春期防災・避難訓練  
平成30年5月27日   
平成30年5月27日(日)上笠町第二町内会の
恒例行事となっている防災・避難訓練が行われました。

午前10時災害発生と想定し、緊急連絡網の確認、
1次避難場所への集合、人数確認の後2次集合場所へ移動、
各班の名簿提出後、のぼりの先導で指定避難場所である小学校へ向かいます。 
 
2次集合場所で集計表を連絡所へ送り、運動場へ向かいます。 
   
 
 
   
 
 小学校のグランドには消防車が到着しており、
すでに訓練の準備が整えられています。
   
   
人数確認の後、現場指揮者の方から挨拶と説明があり、
3班に分かれてローテーションで訓練を始めます。
以下訓練ごとのスナップを掲載いたします。 
 
   
煙中体験です。白い煙が充満したテントにビニール袋を被って入ります。
ほとんど何も見えず手探りで壁を頼りに進みます。 
   
消火器の取り扱い法の訓練です。
天気が良すぎて大変暑く、藤棚の下で説明を聞きました。 
   
   
消火栓とホースの取り扱い訓練です。 
   
簡易担架と防災器具の訓練です。 
   
   
訓練のコースをすべて終了した方は本部で参加賞と
お茶を貰って流れ解散となりました。
 
 陽射しが強く、午前中から暑い中での訓練になりましたが、
幸い熱中症になる方もなく無事訓練を終了することができました。
参加していただいた皆さん、お疲れさまでした。
企画から準備、運営まで役員の皆さまお疲れさまでした。