5月25日(水)に春の日帰り研修バス旅行、伊賀上野方面に向かいました。

伊賀上野は、人口約10万人、三重県北東部の伊賀盆地にある田園都市で、伊賀上野城、伊賀流忍術、俳人松尾芭蕉の生誕の地、歌舞伎や映画など描かれている荒木又右衛門で有名な「鍵谷の辻決闘の場所」などが有名です。

定刻8時半、上笠4丁目を出発。名阪国道を経由して予定時間通りに伊賀上野城に到着しました。まず、忍者博物館を見物、忍者が急に現れたり、いなくなったりの連続で、楽しい案内をしてくれました。そこを終え、足腰に自信がある人は天守閣へ、文学好きの人は芭蕉記念館へと移動、それぞれが城公園を散策しました。

 

お待ちかねのお食事処へ、お昼ご飯は出来たてほかほかの釜めしを頂きながら楽しく歓談出来ました。

午後からは伊賀特産の組紐センターを見学して帰途、上野ドライブインにて休憩、ショッピング、それぞれがお土産などをどっさり買いこみました。

新名神高速を経由して上笠4丁目へ無事帰着。当初、雨天の予報が出ており、気掛かりでしたが曇り空のままで 春の一日を楽しく過ごす事が出来ました。