笠縫学区まちづうり協議会  
笠縫小学校 通学路の整備  
 平成26年12月18日
 井ノ元などから笠縫小学校への通学路(通称井ノ元道)の用水路沿いのガードレールの根元に
雑草が茂って土がたまるようになり、雨の後は水溜りができて歩きにくくなっていました。

かねてよりまちづくり協議会から市の道路課に整備申請を行っていたのですが、
12月18日にガードレールの部分の土砂の撤去が行われました。

児童はガードレール側を歩くのですが、雑草や水溜りで道路幅が狭くなっていました。
土砂の撤去で通行できる幅が広がり、安心して通学できるようになりました。
今年の夏前の道路の様子です。
ガードレールの下はかなり雑草が茂っています。 
 
写真撮影の方向が逆ですが、土砂が撤去され道路が広く感じます。 
   
アスファルト舗装の側端部分が土砂に覆われていたのですが、
はっきりと区別ができるようになりました。 
   
ガードレールの周りがすっかり綺麗になりました。
これで子どもたちも安心してこの道を通ることができると思います。