笠縫学区まちづくり協議会  
笠縫市民センター 業務開始  
 平成28年8月1日
 平成28年8月1日、昨年より工事が進められていた笠縫市民センターが完成、
7月23日に竣工式が行われ、8月1日より新しい市民センターで業務が開始されました。

まちづくり協議会 会長 老原さんと市民センター長 今井さんの
挨拶の言葉をご紹介するとともに新しい市民センターを少し紹介いたします。
  市民センターの新築に伴い、まちづくり協議会も 新しい事務所に移転し業務を行っております。 来年4月の指定管理に向けて全員一丸となって 頑張ります。これからもよろしくお願い致します。         まちづくり協議会             会長 老原恒男
    今までの市民センターと同様に、親しみをもって 大事に使用されるようしたいし、来年4月からは 新たに地域のまちづくりセンターとして生まれ変わる ことから地域のまちづくりの拠点としておおいに 活用されることに期待しています。  笠縫市民センター 館長 今井 博詞
新築された市民センターの地図です。

小学校の体育館の南側、笠縫幼稚園への通路の横に建てられました。
小学校の体育館を目指して来られるとすぐに分かると思います。 
駐車場が少ないので車で来られる方はご注意ください。
利用できる駐車場は少し遠くなりますがこれまでと同じです。
古い市民センターの建物は解体されて跡地が駐車場に予定されていますが、
どちらも新しい市民センターからは距離がありますのでご注意ください。

また、近隣の方々の迷惑になりますので路上駐車はおやめください。 
昨年着工、今年の3月には鉄骨の組み立てがほぼ完了、
建物の全体像が明らかになってきました。 
   
今年7月に建物が完成、来賓をお招きして竣工式が行われました。
 備品の移動や什器類の整備など準備を進め、
8月1日に新館での業務が始まりました。
   
建物全景と玄関です。
新しい建物の特長は全館バリヤフリーと土足可になったことです。
スリッパに履き替える不便さがなくなり、階段などの安全性が高くなりました。 
(掃除とメンテナンス、使う側の心配りが必要かと思います)

1階は事務室と和室、調理室があります。
事務室の向かいの壁面に案内図がかけられています。
ゆったりとしたホールがあり、ちょっとしたミーティングが行えるようになっています。
   
   
調理室と和室です。
調理室だけは衛生面を考えて土足禁止、スリッパに履き替えます。
和室は真ん中に取り外せるふすまがあり、分割して使用できるようになっています。 
   
2回は大会議室と研修室です。
エレベーターが設置されていますが、これまでのものに比べて
かなりスピードアップされていることと大型化(11人乗り)されています。 
   
大会議室は少し床面積が小さくなったのかなぁ~という感じを受けますが、
明るく開放的な感じです。音響設備も充実し、電動スクリーンや調光装置も備えています。
必要に応じて引き出し式の間仕切りで独立した2部屋として使用することができます。

椅子も折りたたみパイプ椅子がスタッキングチェアに替えられ、
研修などには楽に座れるようになりました。 
   
上の左は研修室です。まだ机類が搬入されていませんが、
明るくて広々としている感じです。
右側の写真は2階のテラス部分です。この部分は防災倉庫の屋上にあたり、
建物の許容床面積に含まれていないために部屋としては作られていません。

正面右手の建物が笠縫幼稚園で非常に見晴らしの良いところです。
右側、建物影になっているところに空調設備があります。
広いスペースであり、将来は何らかの利用が図られると思います。 
   
  まだまだ準備途中のものがありますが、徐々に整えられてゆくと思います。
綺麗になった市民センター…ぜひ一度お立ち寄りください。

使用方法、予約方法などはお気軽に事務室に声をかけてください。
まちづくりの拠点として大いに利用されることをお願いします。