笠縫学区まちづくり協議会 
一人暮らし高齢者の集い 
 平成30年2月17日
平成30年2月17日(土)、まちづくりセンター大会議室において
笠縫学区まち協、社協主催の「一人暮らし高齢者の集い」が開かれました。

例年と開催方法が少し変わり、参加者数も少なくなって
ちょっとこじんまりした高齢者のつどいになりました。

プログラムが掲示され、準備が整った会場に参加される方が集まって来られます。
   
小林福祉部会長の司会で進行、老原まち協会長の挨拶で会が始まります。 
   
最初は少しリラックスするために「ひばりサロン」の皆さんの手話体操です。 
 
   
   
次のプログラムは健康推進員の皆さんの「元気 長生き 人形劇」です。 
   
   
   
次は本日のメインプログラム、五人囃子の皆さんです。
五人囃子ですが今日は一人不参加で4人の熱演になります。 
   
   
サポーターの皆さんも一緒に笑いあり歌ありの舞台を楽しみます。 
 
   
顔出しパネルも色々考えて作られていました。
上の写真は「リンゴの唄」と「三百六十五歩のマーチ」

さて下のパネルは何でしょう? 
   
最初は分からない人が多かったのですが、曲目を見て納得!
曲目は「王将」村田英雄の名曲ですが、パネルは
「餃子の王将」をしゃれたものでした。 
   
 
 
五人囃子の皆さん、時間一杯たくさん楽しませていただいてありがとうございました。

午前中のアトラクションが終了、ランチタイムになります。 
   
  食事の後は少し休憩をしてビンゴ大会に移ります。
皆さん良い賞品が当たりましたか?

まだまだ寒い日が続くと思いますが、健康のために外出の機会を増やし、
スポーツを楽しんだりおしゃべりを楽しんでください。

お手伝いいただいた皆さん、お疲れさまでした、ありがとうございました。