笠縫学区民生委員児童委員協議会  
ひとり暮らし高齢者のつどい  
 平成26年5月15日(木)、笠縫公民館において学区民児協主催の
「ひとり暮らし高齢者のつどい」が開かれました。

この企画は毎年恒例になっているもので、ひとり暮らしの高齢者の方に
民生委員への親しみを持っていただければ、と思っています。

午前中は歌と篠笛などの演奏をを中心としたアトラクションを、昼食では委員の方の手作り味噌汁を、
午後はちょっとした飾り作りとビンゴゲームを楽しんでいただきます。

当日のスナップを掲載影いたしますので、催しを思い出していただければ…と思います。

当日の進行予定です。定刻前にはほとんどの方が来場されました。 
   
 
 ほとんどの席が埋まり、後は開始を待つだけです。
高齢の方が多いので天候が悪くなるのを心配したのですが、何とかもっているようです。
   
   
今回、講演をお願いした 湊 愛子 さんです。
フルート、篠笛、ピアノ、アコーディオン、オカリナ、コカリナ、ミニハーモニカなど多彩な
演奏と伸びのある歌声、親しみやすいトークで会場を盛り上げていただきました。

中でも初めのころに演奏していただいた「リンゴ追分」は感動的でした。
途中では、まだ葉のついている竹に穴を開けただけ…という笛も披露されました。 
 
   
演奏曲目は童謡、歌謡曲、民謡と幅広く、おなじみの曲もたくさんあって、
みなさん手拍子を取ったり、一緒に歌ったりして楽しんでおられました。
お口の体操と一緒に軽い運動も取り入れられていました。 
 
   
十分演奏を楽しんでもらった後は昼食タイムになります。
弁当、お茶、味噌汁が配られます。
民生委員さんも大忙しです。(普段は立の物を横にもしないかもしれませんが……)

昼食後は簡単な工作です。
ミニ色紙に折り紙を貼って季節に合った飾りを作ります。
今回のテーマは「梅雨」…四角い折り紙を組み合わせて「あじさいの花」を、
切り紙で傘とてるてる坊主を作ります。
皆さん、なかなか器用に作品作りを続けておられるようです。 
   
   
出来上がった作品を持って…「ハイッ ポーズ…」 
 
 この後はビンゴゲームで楽しんでいただきました。
リーチまでは早くてその後時間がかかるとイライラしますが、ゲームはゆっくり楽しんで下さい。
   
 
   
今回用意した企画はここまでです。
皆さん、楽しんでいただけたでしょうか?
また次の機会にも皆さんお元気で参加してくださるようお願いいたします。

企画から準備までお世話いただきました民生委員の皆さん、ありがとうございました、お疲れさまでした。