笠縫学区民児協 
笠縫っ子 あつまれ!! あそびフェスティバル

毎年5月12日は「民生委員の日」です。
そして、この日から1週間が民生委員活動強化週間とされています。
笠縫学区民児協でも全力で活動強化週間に取り組みました。

たんぽぽ学級との交流会、小学校の先生方との懇談会、ひとり暮らし高齢者のつどい
そして、最後の大型企画がこの「あそびフェスティバル」です。

いつものあそび広場のように小学校で申込用紙に記入してもらう以外に
学区内の各町内でチラシを回覧していただきました。

企画を検討して、材料をそろえて、出来上がりを確認して、準備は頑張ったのですが、
果たしてどれくらいの人たちが参加してくれるのか…正直少し不安でした。

今回ご覧いただくのは当日の開場前から昼食までのスナップです。
体育館の準備は前日に完了していたのですが…………

小さいので見にくいかもしれませんが、回覧していただいたチラシです。 
 
前日に準備したものを最終チェックします。
参加してくれる人たちがどれくらいになるのか?
受付の準備も万端ですが、期待と不安が交錯します。 
   
開始時刻にはまだ早いのに参加者がどんどん集まってきます。
前日までの申し込みの集計で100人位は…と思っていたのですが… 
   
準備した企画は時間までオープンしないように申し合わせてあります。
子どもたちは体育館内で自由にのびのびと待ち時間を楽しんでいるようです。 
   
   
   
 
定刻になり「あそびフェスティバル」開始の挨拶です。 
   
   
 
たくさんの企画を用意しましたが、参加者が飽きないように午前と午後で種目を変えました。
運動を取り入れたものはサッカーボールのリフティングが目玉商品で、
日本サッカー協会のキッズコーチの中島さんに指導をお願いいたしました。
他にもストラックアウト、ペットボトルボーリングもあります。

静的なものとしては、オリジナル香り作り、大きな紙の自由絵描き、折り紙、塗り絵などがあります。
工作系としては、オリジナルマスコット作り、ゴムカタパルト飛行機、ビニール凧作りなどを用意しました。

コーナーごとに混雑の仕方が違うので自分たちの判断で好みのコーナーへ並びます。
予定通りに動くのが難しいのは委員さんの方でパニックになりそうですした。 
   
   
 
   
   
 
 
   
   
映画鑑賞も重要企画の一つです。
16mmフィルムの上映会が2回行われました。
デジタル映像の時代の子どもたちにとってフィルムというアナログ映像の世界は
なかなか体験できないものだと思います。 
 
 一日参加の子どもたちも結構おおぜいで、昼食に時間になると
公民館で調理された味噌汁が運ばれてきてみんなに配られます。

みんな持参したおわんを持って並び、順番に味噌汁を注いでもらいます。
列に並ぶのも大変、ついでもらった味噌汁をこぼさないように運ぶのも大変、でも喜んでもらえたようです。
   
   
 
今回ご覧いただくスナップはここまでですが、
ストラックアウトなど景品が用意された種目もあり
終了時間までみんな楽しく遊んでもらえたかな…と思います。
怪我をすることなく終了できたことが何よりもうれしいです。

今回は初の大型企画であり、どれくらいの人が参加してくれるのか心配だったのですが、
小学生、未就学児合わせて140人、保護者の方が40人(概数ですが…)
委員さん、前委員さんが20人以上…総数で200人以上の大成功でした。

参加していただいた皆さん、十分楽しんでいただけましたか?
感想などご意見がございましたら近くの民生委員までお知らせください。

今回のような大型企画はなかなか難しいのですが、中心となって活動していただいた委員さんの
頑張りで実現することができました。 
参加していただいた前委員、委員の皆様お疲れさまでした、ありがとうございました。