笠縫学区民児協 
一人暮らし高齢者のつどい 
 平成27年5月13日
笠縫学区民児協では、民生委員活動強化週間に合わせて
5月13日に「一人暮らし高齢者のつどい」を開きました。 

会場は笠縫公民館大会議室、前々から準備を始め、
当日は学区のほとんどの民生委員と主任児童委員がお手伝いしました。

午前中のアトラクションは、花園ミュージカル学園長 花園 麻里さんの歌とお話です。
宝塚歌劇団・星組で娘役スターとして活躍された花園 麻里さんの舞台で
宝塚ムードを十二分に堪能することができると思います。

準備が整った開場には早くから参加される皆さんがお集まりになりました。
   
   
午前中のアトラクションの開演です。
室内は照明を落として暗くし、舞台を投光照明で明るくします 
   
   
   
   
   
第1部は、レインボー宝塚、赤いけしの花、愛の歌、夢アモーレの4曲です。
皆さん、宝塚ムードを楽しんでいただけましたか?
第二部の開演まで少し休憩があります。 
   
さあ、第二部の開演です。
花園さんのドレスがピンクからブルーに変わりました。
第二部は「アイラブレビュー」で始まり、みんなで歌おう!として次の4曲が用意されています。
四季のうた、ここに幸あり、いつでも夢を、サントワマミー 
   
   
   
「みんなで歌おう!」のコーナーではマネージャーの辻本深雪さんが
マイクをもって会場を回り、参加者と一緒に歌ってくれました。 
   
   
最後、宝塚といえばこの曲でしょう「すみれの花咲く頃」です。 
   
歌いおわり、花園さんが会場を回ってみんなと握手してお別れです。 
   
これで午前の部は終了、ランチタイムとなります。
お弁当と委員さん手作りの味噌汁が配られました。 
   
少し休憩をして、それから午後のアトラクションの開始です。

午前中とガラリと変わり、篠原 照美さんの楽しいマジックが始まります。
可愛い坊やと登場して腹話術とマジックのコラボレーションの舞台が開きました。 
   
   
   
ここで坊やからおばあちゃんにバトンタッチです。
篠原さんの軽妙な話術で会場が笑いに包まれます。 
   
   
委員さんがお手伝いに登場したりしながらマジックが続きます。 
   
最後はタネあかし付きの浪曲マジックです。
非常に凝った演出で、浪曲を語りながらマジックを行い、
それから解説、タネあかしを同様に浪曲のかたりで披露してくれました。 
   
本日のアトラクションはこれで無事終了となります。
次は恒例のビンゴゲームです。
参加者全員にビンゴカードが配られ、委員さんが数字を読み上げます。
ビンゴゲームって、中々揃いそうで揃わないですよねぇ~ 
   
   
全員に商品が行き渡った所で本日の全予定が無事終了しました。
藤田副会長のあいさつでお開きになりますが、皆さん十分楽しんでいただけましたか?

民児協の「一人暮らし高齢者のつどい」は年1回の開催です。
また来年の催しにも皆さん、お元気でお顔を見せてください。

アトラクションで素晴らしい歌声を聞かせてくださった、
花園 麻里さん、辻本 深雪さん、ありがとうございました。

腹話術とマジックのコラボ、浪曲マジックと楽しい時間を下さった、
篠原 照美さん、ありがとうございました。

準備から運営まで一生懸命がんばってくださった民生委員の皆さん、ありがとうございました。
また次の機会にも全員元気でお会いできることを楽しみにしています。