笠縫学区民児協・まちづくり協議会  
2017・笠縫あそびフェスティバル 
平成29年5月14日  
 笠縫小学校体育館
平成29年5月14日(日)、笠縫小学校体育館で
「2017・あそびフェスティバル」が開かれました。
今年は民生委員制度100周年の記念の年で、5月12日からは
民生委員活動強化週間も行われており、これに合わせての開催になりました。

好天に恵まれ、当日の参加者数は小学校の児童を中心に
未就学児とその保護者、中学生、高校生などのボランティア、健康推進員さん、
笠縫学区民児協の民生委員など総数約200人の大イベントになりました。

フェスティバルの予定は、午前中は各自自由に移動しながらバルーンアート、
ビニールファクトリー、ヨーヨー、ブーメランの工作、そめ~る、ハンガーで弓作り、
ビーズあそびなどを楽しみます。

昼食は前日から健康推進員の皆さんが用意してくれたカレーをいただきます。

午後はキャタピラーレース、風船割りレース、でかパンレースなどが用意されていました。

当日のスナップを掲載しますのでお楽しみいただきたいと思います。

最初にみんな集まって挨拶をします。
それから今日の予定や進め方の説明を聞きます。 
 
 子どもたちは説明の時も周りの各コーナーが気になり落ち着きません。
スタートと同時に思い思いのコーナーで作業に取り組みます。
   
バルーンアートは子どもたちに大変人気があります。
工作とは違いますが作ってもらった剣やブレスレットを持って次の工作へ向かいます。

ビースあそびは女の子に人気があったようです。
好みの色のビーズを選び、モチーフプレートに並べてアイロンで接着します。 
   
ハンガーでの弓づくりはやっぱり男の子に人気があったようです。 
   
   
そめ~る、ビニールファクトリーもどんどんカラフルな作品が生まれます。 
   
どのコーナーもいつも人だかりが途切れることなく、
手の空いている子どもたちは中央のスペースで自由に遊んでいました。 
 
 
 
 
午前の部が終了、ランチタイムになります。
健康推進員の皆さんが前日から用意してくれたカレーが運び込まれます。

子どもたちから順番にお皿に盛りつけられたカレーを受け取り、
みんなに行きわたってから一緒に「いただきま~す。
   
   
 
午後の部、ミニ運動会のスタートです。
ぽっくり競争、上手に走れる(歩ける)かなぁ~ 
  
キャタピラーレース…子どもたちの身体能力の高さが良く分かります。 
 
 
風船割りレース、低学年の子どもたちにとって風船はかなり手ごわいようでした。 
   
大きな風船を膨らませる競争もありました。紙吹雪が綺麗でした。 
    
でかパンレース、子どもたちが一生懸命頑張っている姿に思わず笑顔になります。 
  今年もたくさんの方々にご協力いただいて
あそびフェスティバルを開催することができました。

異年齢の子どもたちが学校以外の場所で遊びを通して、
食事を通して協力したり勉強したりする機会はあまり多くありません。
あそびフェスティバルが子どもたちの絆を強くし、保護者の方々にも交歓の場を提供できれば
主催者として本当に喜ばしいことだと思っています。

ご協力いただいた多くの皆さん、参加して一緒に楽しんでくれた皆さん、
本当にありがとうございました、お疲れさまでした。