まち協・福祉部会 笠縫民児協  
たんぽぽ学級交流会 
平成30年5月14日  
平成30年5月14日(月)、笠縫小学校・たんぽぽ学級のみんなと
まち協・福祉部会、笠縫学区民生委員児童委員協議会の交流会が
小学校の調理室で開かれました。

たんぽぽ学級との交流会は定例の行事で、内容はその都度変わります。
今回は染色体験で、予定は次の通りです。 
   
教室では子どもたちが来る前にサポーターの皆さんが色々準備しています。
あらかじめ作っておいたハンカチ程度の大きさの白布に
名札用の布を縫い付け、染色液を作ります。 
   
子どもたちが教室に入り、挨拶、自己紹介、お手伝いしてくれる皆さんの紹介、
作業手順の説明などがあってみんな一斉に作業を始めます。
   
   
最初の作業は白布でビー玉やペットボトルのキャップを包んで
輪ゴムや紐できっちりと縛ります。
この状態で染色液につけると縛られた部分が染色されず
白く抜けて模様になります。どんな作品ができるか楽しみです。 
   
   
   
個人用の小さい布の他にグループごとに大きな白布も用意しました。
こちらも同様にビー玉などを包んでゆきます。
次はいよいよ染の段階に入ります。
幾つか染色液の入った器が用意され、布を入れてモミモミします。 
 
   
   
みんな手に染色液が付かないように手袋をしていましたが、
一生懸命モミモミしているうちに手袋の中に液が入り、手が赤くなったり
青くなったりしていました。一度染まると中々落ちません。 

この後水洗いが必要ですが時間の都合でそこはサポーターさんに任せて
反省会や染色体験の感想を発表してもらいます。
   
最後に出来上がった作品の一部を紹介します。
グループごとに作った大きな作品です。 
   
  今回の交流会はここまでですが、みんな楽しんでくれたかなぁ~
タグに書いた名前が読みにくくなってしまいましたが、
みんなの作品は洗って乾燥してからそれぞれの手元に届くと思います。
これから段々暑くなってくるので熱中症などに注意して
元気で勉強や運動にがんばってください。