笠縫学区民生委員児童委員協議会  
一人暮らし高齢者の集い 
 平成30年5月19日
平成30年5月19日(土)、笠縫まちづくりセンター大会議室において
「一人暮らし高齢者の集い」が開催されました。

これは学区民生委員児童委員協議会が毎年行っているもので
一人暮らしのお年寄りにお出かけいただいて、
一緒に音楽、食事、ゲームなどを楽しんでいただくという催しです。

定刻前には出席予定の皆さんがどんどん集まって、しばし雑談です。
   
定刻になり民児協会長のあいさつに続いて最初のアトラクションが始まります。
バンドの皆さんはテンガロンハットを被り、カントリー調の演奏を聞かせてくれます。 
   
見慣れたギターの他にちょっと珍しい楽器も見られました。 
   
バイオリンは演奏会などで見ることがあります。ギターに近い形で
胴が丸いのがバンジョー、弦が5本ある5弦バンジョーと言います。
右の写真で胸に抱えている箱型の楽器がオートハープです。
ハープというと弦が沢山ついている大きな楽器を想像しますが、
こんな小さなハープもあるのですねぇ~。

歌もたくさん歌っていただきました。私にとって印象に残ったのは
裏声とヨーデルが素晴らしかった灰田勝彦さんの「アルプスの牧場」でした。 

次は松原地域包括支援センターからお二人に出演していただきました。
   
自作のボードを使ったクイズ、コント、腹話術と
多彩な裏技を披露して会場を笑いの渦に引き込んでくれました。 
   
食事とその後の休憩時間です。
お弁当は注文しましたが味噌汁は委員さんの手作りでした。
お口に合いましたでしょうか?

最後のアトラクションはビンゴゲームです。
あと一つ…という所での足踏みは本当にもどかしいですねぇ~ 
   
 全員に景品が行き渡ったところでビンゴゲームは終了、
今日予定してたイベントはすべて終わりましたが、お楽しみいただけましたでしょうか?

これから段々暑くなり、本格的な夏を迎えますが、
皆さん熱中症などに注意して元気で夏を乗り切ってください。
また次の機会にも元気でご参加くださることを願っています。お疲れさまでした。 

今日の催しに際して準備から当日の運営まで
委員の皆さんお疲れさまでした、ありがとうございました。