笠縫学区民児協
ふれ愛キッチン・  クリスマス会
平成30年12月22日   
平成30年12月22日(土)、笠縫まちづくりセンターで
学区民児協主催の「ふれ愛キッチン・クリスマスイベント」が行われました。

インフルエンザで学級閉鎖が行われている状況でしたので
参加児童は当初お予定よりも少なくなりましたが、100名は超えました。
保護者の方々、ボランティアの皆さん、健康推進員さん、
サポーターの皆さん、民生委員など参加総数は140名を上回りました。 
受付がかなり混雑して開始時間が少し遅れましたが、
全員おとなしく座ってイベントの始まるのを待っていました。 
 会長の挨拶に続いて主任児童委員の山田さんから
各ブースの説明やプログラムの説明が行われました。

さあ、スタートです。
みんな一斉にお目当てのブースに集まります。
一番人気はバルーンアートのブースのようでした。
比較的簡単なものから結構時間のかかるものまで多くのブースがあるので
時間をかけて順番に回ります。
 
ペットボトルの空気鉄砲…風船を取り付けるのに時間がかかります。 
ビーズの飾り作りは細かい作業で時間がかかります。
最少は立って作っていたのですが、そのうち皆座り込んで…。 
 
洗濯ばさみのカート作り…簡単なようで、うまく走るようにつくるのは
中々難しいようで、完成品は斜めにした机でテストです。 
コマ作りです。簡単に作れますが、上手く回すためには
丁寧にバランスよく作る必要があります。 
この頃、調理室ではカレー作りの真っ最中、健康推進員さんや
ボランティアの皆さんが食材や鍋と格闘しています。

カレーはお代わりの分を見越して200人前用意されました。 
 
さて、お待ちかねのランチタイムになりました。
全員一度に…という訳にもいかないので(スペースの関係です)
工作などが一段落した人からチケットを持って調理室に向かいカレーを受取ります。
調理室の前や和室など空いているスペースで仲良くカレーをいただきます。 
 昼食の間、一旦大会議室から全員外に出てもらい午後の準備を始めます。

午後は小学校五年生担任の村上先生とその仲間の皆さんのコンサートです。
バイオリン、ビオラ、チェロで構成されたバンド名は「アンサンブル・都」です。

入念に打ち合わせをしてから子どもたちが入場します。
進行は村上先生にお願いしました。
 第1部はポピュラークラシック…誰もが聞き覚えのあるクラシックです。
①アイネクライネナハトムジーク、②モルダウ、③ハンガリー舞曲第5番、
④愛のあいさつの4曲でしたが、みんな曲名が分かったかなぁ~

第2部は楽器の紹介です。
クイズや小演奏を交えながら3種の楽器と音色が紹介されます。
 
子どもたちの希望者の中で数人が指揮体験をさせていただきました。 
 
第3部では映画、クリスマス特集としてみんなが良く知っている曲が演奏されました。
①となりのトトロ、②崖の上のポニョ、③アナと雪の女王、④恋ダンス
⑤ホワイトクリスマス、⑥きよしこの夜、⑦赤鼻のトナカイ
と沢山演奏して下さり、子どもたちもきちんと聞いていました。 
   今回お伝えするのはここまでですが、  
コンサートの後はビンゴゲームとおやつタイムです。

みんな、「ふれ愛キッチン・クリスマスバージョン」楽しんでくれたかなぁ~
インフルエンザにかかったり風邪をひいたりしないように気を付けて
お正月、新学期を迎えて下さい。
そして、また来年もふれ愛キッチンに顔を出してください。

今回の催しをサポートして下さったボランティアの皆さん、
健康推進員さん、保護者の皆さんありがとうございました。

来年は元号の変わる節目の年になります。
ご健康にご留意の上、良いお歳をお迎えください。
一年間の感謝を込めて…。