家庭教育支援講座(小学生親子対象)

親子で挑戦!コネコネ体験!ーうどん編


Let's challege the うどん!OK?
〜手打ちうどんコネて食べてホッカホカ〜

 1月23日(土)笠縫市民センターの調理室に明るい笑い声が響いていた。
 そう、この日は、親子(小学生)でうどん作りに挑戦する日。
 教えてくださるのは、西洋料理のシェフの芝原良雄さん。
 え!うどん作りに何で西洋料理のシェフが???ですって。
それはね、芝原さん何をするにも、一生懸命される方ですごい研究熱心なんですよ。
だからね、知識も豊富だしもちろん腕はプロ中のプロ。だから今回も、快く引き受けてくださり、
本業でお忙しい合間を縫って、何度も何度も試作をつくりThe Best うどんになるように
研究してくださいました。うどんの作り方だけじゃなく、どのように教えればいいのかまでね。だからそういう芝原さんにお願いしたわけなんです。先生には本当に感謝です。ありがとうございます。

 で、当日、先生のギャグも飛び交い、で、またお母様方の乗りがいいこと。だから笑いいっぱいの
楽しい講座に、それに料理の裏技まで教えてもらい、もう超お得な講座になっちゃたわ。

一組、250gのうどん粉と塩水を混ぜ、親子でこねて、冷蔵庫へ。
で先生が、おうちで作って用意してくださった、うどんのタネを、こねなおし、麺棒で伸ばし、包丁で・・。
子どもたちも挑戦!!「あれあれ、名古屋名産 きしめんになったねぇ」

10分間湯がいて、いよいよ、いただきまーす。「のど越し つるつる」 「んー極めたね」
 (なんのこっちゃ)
昆布とかつおでとった上品な味のだしで食べたうどんは・・・
「讃岐うどんには負けないわよーー!」
冷蔵庫のタネはお持ち帰り・・・ それぞれのおうちのうどんの味になったかな?

『うどん処 かさぬい』大将の芝原さん 
胸の文字は?
  小麦って書いてる!
親子で協力してコネコネ
グルテンさんよろしくね
小さな手には少ししんどいかな
足で踏む手もあるよ 運動にもなるし・・
さあ 麺棒(めんぼう)使って伸ばしましょう
♪ウ〜 メンボ!♪  それはマ・ン・ボ!
細く切れるかな!?「ありゃ〜
きしめんになってもうたがね(笑)」
混ぜるのは子どもたち、
火加減は大人に任せなさーい
先生から子どもたちに 包丁の使い方を伝授
包丁を持たないほうはネコの手でね ニャオ〜
先生へのリクエスト『プロの白髪ねぎを見たい』
たてに切り目を入れて中を取り出して
そして・・・    おーさすが
いよいよ「いただきま〜〜す」
先生から皆さんに食後の「チャイ」がプレゼント
白髪ねぎ 実演中