同じ建物に「公民館」と「市民センター」二つの名前があるのは・・・?
地域の皆様に慣れ親しんでいただいている「公民館」 
  最近では、「市民センター」と
いう呼び名もよくお聞きになると思います。

       
  では、この二つの呼び名にどんな違いがあるのでしょう。
 
  まず、「公民館」は、社会教育施設と言いまして、社会教育法第20条では「住民のために、実際生活に関する教育、学術および文化に関する各種の事業を行い、もって住民の教養の向上、健康の増進、情操の純化を図り、生活文化の振興、社会福祉の増進に寄与することを目的とする。」と書かれています。
このことから、笠縫公民館では、地域住民の方々の実生活に密着したさまざまな講座や講演会を開催したり、サークル活動や地域の団体にご利用いただくことで、人と人の交流や、学びをはぐくむための機会や場所を提供するという社会教育活動を行っています。
 また、地域協働合校やわんぱくプラザなどで、地域の大人とこどもの学びあいを通しながら地域の教育力を高めたり、家庭教育に取り組んだり、子どもの社会体験を培う事業をすることも社会教育の大切な役割です。

 一方「市民センター」は、当初、住民票や税務関係などの証明の発行という行政サービスを住民のみなさんの身近なところで提供するため、社会教育とは別な形で(公民館職員は、教育長から任命されますが、市民センターは、市長から任命されます。)実施されることになりました。
 このことにより、「公民館」に「市民センター」が併設され、「公民館職員」が「市民センター職員」を兼務するということで業務にあたるようになりました。

 そして、これからの地域の「市民センター」は、従来からの社会教育施設として培ってきた多様な学びや、交流の機会、場の提供に加え、地域のまちづくりの拠点としての機能、つまり、地域のまちづくり情報の収集や提供、行政情報の提供、人と人をつなぐコーディネーターなど、幅広い機能を担う施設としての役割が求められています。

 私たちは、これからも「公民館」での学びや出会いを大切にしながら、さらにそのことが住んでよかったと思える笠縫のまちづくりへとつながるよう、地域のみなさんとともに活動する「市民センター」でありたいと考えています



 戻る