わんぱくプラザ笠縫
子ども実行委員会

〜防災マップづくり〜


   
 11月10日(土)、わんぱくプラザ笠縫子ども実行委員会で
西消防署の職員さんと一緒に防犯マップをつくりました。
まず、西消防署で地震体験ができる「グラドン号」で学習しました。  
地震の怖さやいざという時どうしたらいいかなどを体験で分かりやすく
学ぶことができました。
その後、消防署の裏にある草津市コミュニティセンターや水防倉庫、
各地域にある消火栓や移動式消火栓ボックスなどチェックしつつ、
防災施設や設備を見て回りました。
防災の勉強ということもあり、お昼は西消防署さんが用意してくださった
非常食をみんなで試食ました。 休憩後、本題のマップづくりに入りました。
みんな、積極的に参加してくれたので、とっても良い地図が完成しました。
作成した地図は「防災マップコンクール」に応募しました。 
結果が楽しみですね。

「来年もマップづくりをしたい」という声もあり、ぜひ企画検討したいと思います。
また今回のマップづくりに参加してくださった、保護者の方や実行委員の方々
ありがとうございました。



「めっちゃ、ゆれる〜 机の下に避難だ!」

「この消火栓はどこの位置なの?」

「非常食って意外とおいしい!?」

「消火栓はこの場所にあったよ」 
みんな、真剣に取り組んでました。

「防災マップの完成!」